清潔感を取り戻すために、私はまず毎日着る肌着を断捨離することから始めました。

肌着関係はとりあえずユニクロで揃えました。

このあと、ワイシャツやスーツを同じく断捨離して買い替えていきますが、
その過程で色々調べた結果、以下3つのポイントを重視して選ぶようになりました。

1:ジャストサイズ
2:モノトーン
3:メンテナンス

いい歳した大人が、サイズが合っていない服を着ていたら『だらしなさ』が際立って目立ちます。
でも、冷静に鏡の前に立つと、いまいちしっくり来ないサイズを着ていることもあります。
服をネットで買う場合は、特にサイズ感を重視しましょう。レビューを見ると書いてあるのでよくわかります。

モノトーンは、最も手っ取り早い清潔感の獲得方法です。
また、白は汚れが目立ちます。だからこそ

汚れたら捨てる

を習慣化することが重要です。

最後にメンテナンスです。
自分の持ち物を2つのパターンに分けました。

A:長持ちさせて使うもの
B:安く使い捨てていくもの

私はAパターンでオーダースーツ、カバン、靴を買いそろえました。
スーツやカバン、靴にはそれぞれどんなメンテナンスが必要かを考慮して買いました。
Aで重視することは

付加価値のあるものを選ぶ

ことです。SEALのトートバックは環境保護という付加価値に注目しました。
スーツ、靴もその場の金銭感覚だけできめず、長く使えることを考慮して決めました。
長く使うためにはメンテナンスが必要です。

メンテナンスのツール
メンテナンスの仕組み
メンテナンスのコスパ

この3つを重視して、長く使うための買い物には気を付けています。

逆にBパターンの安く使い捨てていくものは遠慮なく捨てて新品に変えていきます。

私の場合、3つの観点から

着るものの清潔感

を注意しています。